マイホーム

家の固定資産税を安く抑えるためには?

マイホームを持つのであれば固定資産税を支払う必要が出てきますが、これをなるべく安く抑えたいと考える人は非常に多いはずです。固定資産税は決められた金額を支払うしかないと諦めている人もいるかもしれませんが、実はいくつかの方法で支払う金額を抑えられる可能性があります。何も実施していない場合は損をしている恐れがあるので、具体的な方法を知っておくことが大切だと言えるでしょう。

そもそも、固定資産税は毎年1月1日時点で住宅などの不動産を所有する人全員に発生している税金であり、不動産を所有する限り支払う必要があるものです。金額は評価基準に基づいて各市町村で評価員が金額を決定しており、一戸建て住宅を例に挙げると家屋調査も実施された後に金額が決定することになるでしょう。住宅用地は住宅用地の特例措置によって土地にかかる税負担が軽減される仕組みとなっていますが、実際のところこの制度でお得になっていると感じる人は少ないと言えます。特例措置という名前がついているので適用されるとお得になりそうだと感じるかもしれませんが、住宅用地の特例措置は住宅が建っている土地に正しく適用されるべきものであり、固定資産税を抑えるために活用できるテクニックではないと知っておきましょう。

支払う税金の額を下げたいと考えるのであれば、減額措置や優遇措置を使いこなすことが大切なので、自分の住んでいる住宅がこれらに該当するかどうか確かめるようにしてください。長期優良住宅の場合は比較的長く減額措置の対象となるので、これからマイホームを建てる場合は長期優良住宅を選択しておくこともおすすめです。住んでいる家のリフォームを行う予定がある場合はバリアフリー改修や省エネ改修、耐震改修などを実施することによって優遇措置が受けられることがあるので、リフォーム前に適用されるものがないかどうか確かめておくことが大切です。

長く住んでいる住宅の場合は評価額が高いまま税金が決定されている可能性もあるので、疑問に感じる場合は再評価を申告することがおすすめだといえます。再評価の申告によって評価額が下がれば固定資産税も低くなるので、納得できないときには泣き寝入りしないことが大切です。固定資産税を少しでも安くしたいと考えるのであれば、住宅の再評価を依頼したり減額措置をしっかりと活用したり、バリアフリー改修や省エネ改修、耐震改修の実施を検討して優遇措置を受けたりすることがおすすめだと言えます。

関連記事
noimg
新築を建てたけど、導入して良かった設備編

新築住宅を建てるときには様々な設備の導入を検討することになりますが、導入して良かったと感じている人が多いものを導入すると満足度の高いマイホー...

記事を読む

noimg
地震が起きても安心できる耐震性の強いハウスメーカーとは

新築住宅の建築を依頼するハウスメーカーを決定するときには、耐震性能が高い住宅をつくっているかどうかも判断基準の1つとすることができます。日本...

記事を読む

noimg
家の間取りは動線を考えて決めよう

家の間取りを考える際に必要な数の部屋や設備があれば問題ないと判断してしまう人も多いですが、きちんと配置を考えておくことは非常に大切だと言えま...

記事を読む

noimg
新築を建てるなら補助金の制度について知っておこう

新築でマイホームを建てるのであれば補助金の制度について詳しく知っておくことが大切であり、適用されるものがあればお得に家を建てられる可能性があ...

記事を読む

noimg
新築を建てたけど、正直いらなかった設備編

マイホームを新築で建てたときに正直いらなかったと導入した設備のことで後悔してしまう人は非常に多いため、導入する設備を決める前には不要だと感じ...

記事を読む

家
工務店とハウスメーカー、似ているようで実は違います

工務店やハウスメーカーは家を建てる際に利用することができますが、これらは全く同じサービスではないことを理解しておく必要があります。どちら...

記事を読む

マイホーム
ハウスメーカーと家づくりについて

ハウスメーカーを利用して家づくりを行うのであれば、満足度の高いマイホームを建てるために意識しておくべきことを知っておく必要があります。家...

記事を読む

noimg
新築の外壁に使われる素材について知っておこう

新築住宅の建築を考えているのであれば、使用されることが多い外壁素材について理解を深めておくことも大切だと言えるでしょう。完全自由設計の場合は...

記事を読む