マイホーム

新築を建てたけど、正直いらなかった設備編

マイホームを新築で建てたときに正直いらなかったと導入した設備のことで後悔してしまう人は非常に多いため、導入する設備を決める前には不要だと感じられやすい設備を知っておくことが大切です。まずは浴室暖房乾燥機の導入を後悔するケースが多く、使ってみたけれど部屋干しが嫌だったので乾燥機能を使わない、使いたいけれど光熱費が高くなるから使用をやめたというケースも少なくありません。室内物干しについても、便利だと思ったけれど部屋干しすると臭いやシワが気になったというような理由で導入しなくて良かったと感じている人が多いです。外に洗濯物を干したい人や電気代が気になる人は、浴室暖房乾燥機や室内物干しを導入するべきではないと言えるでしょう。

建物の性能については省エネ基準を満たすために取り入れた高気密高断熱性能に後悔してしまう人も多く、それほど寒さや暑さを感じる地域ではないから恩恵が感じられない、気密性が高いけれど換気システムが不十分なので結局窓を開ける必要があったという理由から不要だったと感じている人も多いです。省エネ基準を意識して家づくりを行うと高気密高断熱の家をつくることができますが、住んでいる地域や施工会社の技術力によっては満足できるメリットが得られないと理解しておく必要があります。

床暖房が不要だったというケースも非常に多く、かなり寒い地域でなければ暖房だけで充分、結局暖房もつけるので光熱費が高くなってしまうという問題に繋がるケースが多いです。足元からも温める必要があるほど寒くなる地域でなければ、床暖房は不要かもしれないと思っていたほうが良いと言えます。リビング階段が不要であった家庭も多く、これがあることによってリビングが狭くなってしまった、お客さんが来ているときにリビング階段では2階に上がりづらいという問題が発生しやすいです。

吹き抜けや床下収納、ロフトを導入するべきではなかったと後悔する例も多く、吹き抜けは清掃やメンテナンスが大変、高いお金をかけて取り入れる必要がなかったという声が多いと言えます。床下収納はこの場所に収納することが大変で使用しなくなってしまったという家庭が多く、ロフトも上り下りが大変で次第に使用しなくなったという家庭が多いことを知っておきましょう。魅力的に思って取り入れたはずの設備が実際に生活してみると不便だった、必要なかったというケースも多いので、新築住宅を建てる前にいらないと判断されることが多い設備について理解を深めておくと良いです。

関連記事
noimg
家の固定資産税を安く抑えるためには?

マイホームを持つのであれば固定資産税を支払う必要が出てきますが、これをなるべく安く抑えたいと考える人は非常に多いはずです。固定資産税は決めら...

記事を読む

noimg
新築を建てたけど、導入して良かった設備編

新築住宅を建てるときには様々な設備の導入を検討することになりますが、導入して良かったと感じている人が多いものを導入すると満足度の高いマイホー...

記事を読む

noimg
家の間取りは動線を考えて決めよう

家の間取りを考える際に必要な数の部屋や設備があれば問題ないと判断してしまう人も多いですが、きちんと配置を考えておくことは非常に大切だと言えま...

記事を読む

noimg
新築を建てるなら補助金の制度について知っておこう

新築でマイホームを建てるのであれば補助金の制度について詳しく知っておくことが大切であり、適用されるものがあればお得に家を建てられる可能性があ...

記事を読む

マイホーム
ハウスメーカーと家づくりについて

ハウスメーカーを利用して家づくりを行うのであれば、満足度の高いマイホームを建てるために意識しておくべきことを知っておく必要があります。家...

記事を読む

家
工務店とハウスメーカー、似ているようで実は違います

工務店やハウスメーカーは家を建てる際に利用することができますが、これらは全く同じサービスではないことを理解しておく必要があります。どちら...

記事を読む

noimg
地震が起きても安心できる耐震性の強いハウスメーカーとは

新築住宅の建築を依頼するハウスメーカーを決定するときには、耐震性能が高い住宅をつくっているかどうかも判断基準の1つとすることができます。日本...

記事を読む