マイホーム

新築を建てるなら補助金の制度について知っておこう

新築でマイホームを建てるのであれば補助金の制度について詳しく知っておくことが大切であり、適用されるものがあればお得に家を建てられる可能性があることを理解しておきましょう。知らなければ期間までに申請することができない、条件に合った家を建てることができていないという問題を引き起こすことがあるので、事前に理解を深めておくことが大事です。

たとえば、フラット35Sの金利優遇制度を利用するのであれば、借入金利を一定期間引き下げることができるので、お得に家づくりを行うことができます。フラット35Sの金利優遇制度を利用するためには、省エネルギー性や耐震性などの条件を満たす家を建てる必要がありますが、5年から10年の間、年間0.25%の金利引き下げが行われることになるでしょう。所得税が戻ってくる制度も知っておくべきであり、住宅の取得を行った際に10年以上のローンを組むと納めた所得税が戻ってきます。確定申告や年末調整などの手続きを実施しなければなりませんが、納めた税金が戻ってくるので利用するべきです。

補助金制度を利用すれば地震保険料や火災保険料といった保険料が軽減できるケースもあり、地震保険料は耐震等級が高いほど割引率が高くなりますし、火災保険料の場合は省令準耐火構造に適合することで割引が適用されます。登録免許税は一般的なマイホームの取得であればほとんどの場合が軽減を受けることができますし、不動産所得税は延床面積の条件を満たすことで軽減を受けることが可能です。住宅には固定資産税がかかることになりますが、これも減額措置が適用されますし、長期優良住宅の場合は減額期間が優遇されていることが特徴的だと言えます。

新築住宅を建てるときに補助金制度が活用できることを知っている人は多いですが、具体的な制度や軽減される税金や料金の種類を知らない人は非常に多いです。不動産所得税や固定資産税、登録免許税や所得税といった税金から、地震保険料や火災保険料まで対象となっているので、対象となる補助金制度は積極的に申し込むことがおすすめだと言えます。これらは該当していれば自動的に適用されるわけではなく、自分で申し込みを行ったり書類を用意したりしなければならないので注意が必要です。詳細な情報を知らなければ提出期限に間に合わず適用されなかった、条件に合っていなかったというトラブルに繋がるので、早い段階で詳しい内容を知っておきましょう。

関連記事
noimg
新築の外壁に使われる素材について知っておこう

新築住宅の建築を考えているのであれば、使用されることが多い外壁素材について理解を深めておくことも大切だと言えるでしょう。完全自由設計の場合は...

記事を読む

noimg
新築を建てたけど、正直いらなかった設備編

マイホームを新築で建てたときに正直いらなかったと導入した設備のことで後悔してしまう人は非常に多いため、導入する設備を決める前には不要だと感じ...

記事を読む

noimg
家の間取りは動線を考えて決めよう

家の間取りを考える際に必要な数の部屋や設備があれば問題ないと判断してしまう人も多いですが、きちんと配置を考えておくことは非常に大切だと言えま...

記事を読む

家
工務店とハウスメーカー、似ているようで実は違います

工務店やハウスメーカーは家を建てる際に利用することができますが、これらは全く同じサービスではないことを理解しておく必要があります。どちら...

記事を読む

noimg
地震が起きても安心できる耐震性の強いハウスメーカーとは

新築住宅の建築を依頼するハウスメーカーを決定するときには、耐震性能が高い住宅をつくっているかどうかも判断基準の1つとすることができます。日本...

記事を読む

noimg
家の固定資産税を安く抑えるためには?

マイホームを持つのであれば固定資産税を支払う必要が出てきますが、これをなるべく安く抑えたいと考える人は非常に多いはずです。固定資産税は決めら...

記事を読む

マイホーム
ハウスメーカーと家づくりについて

ハウスメーカーを利用して家づくりを行うのであれば、満足度の高いマイホームを建てるために意識しておくべきことを知っておく必要があります。家...

記事を読む

noimg
新築を建てたけど、導入して良かった設備編

新築住宅を建てるときには様々な設備の導入を検討することになりますが、導入して良かったと感じている人が多いものを導入すると満足度の高いマイホー...

記事を読む